サイトの作成をプロに依頼するメリット

現在では無料のCMSを利用して、サイトを自分で作ることも珍しくなくなりました。自作すれば、費用を抑えられるというメリットがあります。しかしサイトのクオリティーには、残念ながら差が出てしまいます。特に会社のサイトならある程度の品質を確保していないと、かえって顧客を遠ざけてしまうリスクがあります。制作会社との打ち合わせをしっかりすることで、希望に沿うデザインや機能性を持ったサイトを作ることが可能です。 プロにサイトの作成を任せるメリットには、サイトが完成したあとの運用やメンテナンスもあります。理想的なサイトができたとしても、記事が更新されなかったり誤字脱字が目立ったりしては意味がありません。外注すればサイトに時間を取られず、自身の業務に集中することができます。

サイトの作成をプロに任せるときの費用相場

サイトを作成するときの費用は、サイトの種類や規模などによって異なります。企業情報を発信するためのコーポレイトサイトなら、中小企業向けの10ページから30ページほどのもので約40万円から170万円です。ネットで商品やサービスを売るためのECサイトを、自社で一から立ち上げるなら約500万円から数千万円が相場です。求人情報を発信するサイトは、クオリティーによって費用に差が出ます。必要最低限の機能があればよい場合は、約25万円から40万円で作成できます。いずれの場合も複数の制作会社にあたり、どんなサイトの作成が得意なのかをリサーチしましょう。その上で複数の会社から見積もりをとると、適正な価格でサイトの作成をプロに依頼することができます。

web制作は、クラウドサービスや市販のソフトを利用して自分で行う方法や、ウェブデザイナーがいる制作会社に外注をする方法があります。